Staff Interview


SKECHERS

ブランドストア事業部 / スケッチャーズ専門店
瀬尾 祐一郎 / 30歳(入社9年目)
スーパーバイザー
出身地:福岡県福岡市
勤務地:愛知県愛知郡


分析データを確認しながらディスプレイを考え、その時のベストなお店を作っていきます。

ブランドストア事業部SKECHERS店長の仕事とは?

SKECHERSは2020年度に2店舗OPENしました。まずは、新店舗の認知度アップや顧客様の獲得の為、日々スタッフさんや他店店長と接客や業績についてのコミュニケーションを欠かさず行っています。今のご時世、人との繋がりや温かみが心に染みると実感しています。その為に、お客様とのコミュニケーションとして多角的に取り組み、より満足して頂く為に日々運営しています。また、以前よりもSKECHERSを知ってくださっている方も増えて商品に対しての期待も高まりつつある中での定期的なシューズオーダーもお客様に寄り添うというテーマの基、取り組んでいます。


一番やりがいを感じるときは?

自店の1年先のシューズオーダーや、お店の運営(損益)など経営に関わる非常に責任のある業務を行っています。これらの業務はどの事業部の店長ができるものでは無いので、凄くやりがいを感じています。
また、オフ率やセール商品の選定やお店のプロモーションに至るまで自身の考えが反映出来る点はプレッシャーでもありますが、それ以上に達成感や充実感を抱ける部分でもあるので、楽しく仕事ができています。

部下と話し合いながらディスプレイを決めていきます。


在庫管理も徹底的に。常に無駄のないように5Sを意識しています。

仕事をするうえで心掛けていることは何ですか?

様々な経験を入社して以降させていただきました。新店の立ち上げなど自信に繋がるような事も多々ありました。
自信を持って取り組む事も大事です。ただ僕は、常に”仕事が出来ない人間”だという心意気で全ての事に取り組んでいます。失敗は成功の基と言いますが、失敗するときは共通で「慢心」「思い込み」が邪魔します。初心忘るべからず。です!


これからの目標はなんですか?

SKECHERS店舗の定着と拡大です。その他の事業部に比較して決して多くないです。現在の店舗を減らす事なく、そして拡大させていく事で事業部、ひいては会社が大きくなっていく事に繋がるからです。
SKECHERS事業部での経験は浅いですが、責任持って今の仕事を全うし、これから入社して来られる方たちに意思を引き継げたらと思っています。
個人目標は、彼女を作る事ですかね(笑)公私ともに上手く行くよう頑張ります!!

スタッフと目標を共有し、なぜなぜを繰り返しながら大きな目標に取り組んでいきます。


社内での経歴
2013年4月

入社 / ブランドストア事業部crocs(埼玉県)

2014年4月 ブランドストア事業部crocs(神奈川県)立ち上げ / 店長
2017年9月 セレクトストア事業部color(長野県)立ち上げ / 店長
2020年3月 ブランドストア事業部SKECHERS(三重県)立ち上げ / 店長
SKECHERS店長の1日(中番)
10:00 出勤、メールチェック、連絡ノートチェック、スタッフ報連相
10:30 週間の各種データ更新
11:00 データ分析、週報の配信
11:15 シューズの発注
12:00 棚割、売り場確認と微調整
13:00 接客、スタッフへ売上報告と対策の報連相
14:00 お昼休憩
15:30 他店ヒアリング、新入社員進捗確認
16:00 接客、データ作成と今後の予定、上司とのプロモーション相談
18:30 翌日のToDo確認、引継ぎ、メール最終チェック
19:00 日報報告、退勤