Staff Interview


crocs

ブランドストア事業部 / クロックス専門店
若松 英里 / 26歳(入社5年目)
出身地:愛知県名古屋市
勤務地:愛知県東郷町


基本業務はやはり接客!お客様の声を聞き、いろんな提案をしながら、「欲しい」を引き出していきます。

ブランドストア事業部crocsスタッフの仕事とは?

接客販売はもちろんですが、多くのお客様の手に渡るような商品のレイアウトを考え、販売分析、発注、スタッフ教育、キャンペーン実施・集計、書類作成など、店舗運営に関わる全ての事をしています。自分のやり方ひとつで結果が変わってくるので悩むことも多いですが、やった分だけ結果となって返ってくるので頑張れます!
また、新作商品の展示会も行きます。どんな想いを込めて商品が作られたか直接伺うことができるので毎回とてもワクワクします。
5年目になり今年はギフトサービスや社内コンテストの担当をさせて頂くことになりました。様々な形で、crocsに来てくださるお客様を楽しませることが出来たらと思います!


一番やりがいを感じるときは?

やりがいはたくさんあります!その中でも真っ先に浮かぶのは一緒に働いているスタッフさんの成長を実感した時です。人見知りだったスタッフがお客様からお褒めのお言葉を頂くほど良い接客が出来るようになったり、意見をあまり言えないスタッフさんがお店の改善点を見つけ、指摘しあえるようになったり。
もちろん元々スタッフさんが持っている力もあるのですが、自店で一緒に働く事でその人の魅力が何倍にもなっていると、この仕事に就いてよかったと思います。さらにスタッフさん全員で努力して予算を達成したり、実績が評価されて会社から賞を頂いたりすると、とてつもなく嬉しいです!これからも全員が活き活きと働くことができる環境を作れるように努力していきます。

売上を伸ばすために、商品分析は重要。システムを使って自店や他店の分析をし、発注や店内配置に活用していきます。


スタッフとの関わりを大事にしています。それぞれの想いを引き出しながら、より良い店舗を作っていきます。

仕事をするうえで心掛けていることは何ですか?

入社時に上司から教えて頂いたことですが、誰のため、何のために行うのかを正しく理解して行動することを心がけています。施策を考える際、目的が少しでもずれていると結果につながりませんし、スタッフさんにお客様へご来店時の挨拶をする理由としてお客様にどう感じて頂くために行うかまでしっかり説明するのとしないのではスタッフさんの行動が変わってきます。目的をしっかり理解し、それをお店全体に漏れなく共有することは小さなことではありますが結果を出す1番の近道だと思っています。


これからの目標はなんですか?

かなり知名度のあるブランドではありますが、もっともっと多くの方にcrocsの良さを届けたいです。店頭に立っていると小さなお子様からご年配の方までcrocsを楽しんで使ってくださっていて、もう手放せない!とお話ししてくださる方がたくさんいます。それほどたくさんの方の生活を豊かにしているcrocsはすごいブランドだと思いますし、そんなcrocsが私は大好きです。生きているうちに1人でも多くの方にcrocsの本当の良さをお伝えしたいと思います!笑 その目標を達成するために自店での接客、店舗運営の他にも事業部全体をまきこんでどんどん新しいことに挑戦していきたいです。
プライベートでは家族に作ったうどんがまずいと言われたので美味しいうどんが作れるようになりたいです笑

お店のクリンネスも重要な業務のひとつ。いつでもきれいなお店でお客様をお迎えできるように、細かいところまできれいに。


社内での経歴
2016年10月

ブランドストア事業部RegettaCanoe(愛知県) / 早期入社(アルバイト)

2017年4月 ブランドストア事業部crocs(愛知県) / 正社員

2018年2

ブランドストア事業部crocs(愛知県) / 店長

2020年9

ブランドストア事業部crocs(愛知県)立ち上げ / 店長
crocsスタッフの1日(早番)
9:30 出勤、連絡ノート・メール等確認、店内掃除
10:30 入荷処理、品出し
11:00 レイアウト変更指示
12:00 お昼休憩
13:30 接客、バックヤード整理
14:00 売上分析、シューズ発注
15:00 モール業種部会参加
16:00 スタッフと新作発注話し合い
17:00 シフト作成、上司と電話ミーティング
18:00 連絡ノートで明日への引継ぎ、朝礼シート確認
18:30 退勤